伝承・伝説

花見・桜の花と、死のイメージの関係 

日本人にとって、花見といえば『桜』です。日本をまさしく象徴する『桜』。

そして、花見の歴史はすでに平安時代には始まっています。

天皇から一般人まで様々な階層の人が詠んだ『万葉集』には4500超の花を愛でた歌が存在します。

当時の貴族階級の人々の歌には花を愛で、宴を催す様子も描かれています。

一般庶民が花を愛でながら現代の花見のような宴を催す習慣は、江戸時代のようです。

八代将軍の徳川吉宗が隅田川などに桜を植樹したことによって、江戸の庶民は弁当を持って桜の木の下で、歌ったり踊ったりして楽しんだようです。人々の流れに伴い、花見団子などの商売が始まり春の風物詩となっていったようです。

農耕儀礼との関係

そもそも、日本にはもともと花を愛でたり、収穫したり(摘んだり)しながら飲食する習慣は古代にまで遡って認められます。その習慣は、作物の豊作を願う農耕儀礼の一つとして行われるもので特に桜に対するこだわりは強いものでした。

『万葉集』の中では桜のことを神の宿る木と呼び、信仰の対象としてみていたことも示されています。

春の訪れは新たな命の始まりで、花が咲くということは厄を払うことだと捉え、花を愛でることは祭事として開催日が決められていました。

その日がやって来ると、農民たちは野や山へ出かけて五穀豊穣を願いながら花を愛でていました。

日本神話と桜

天照大神の孫で神武天皇の曽祖父と言われている、ニニギノミコトはある日、笠狭の岬で美しい娘と出逢います。ニニギノミコトはその美しい娘に一目惚れし、その娘の父、オオヤマツミノカミに娘を嫁にもらいたい旨を申し出ることにします。

その美しい娘の名は、コノハナサクヤヒメと言います。

ニニギノミコトの申し出に対しオオヤマツミノカミはとても喜びますが、もう一人の娘イワナガヒメ(石長比売)とコノハナサクヤヒメの二人を一緒に嫁がせることにします。

イワナガヒメは、コノハナサクヤヒメとは違い醜い容姿をしていました。しかし、イワナガヒメはその名が表す通り岩のように永久に変わらない永遠の命を持っていました。

それに対し、ニニギノミコトは、コノハナサクヤヒメだけを妻とし、イワナガヒメを送り返してしまいます。

イワナガヒメの心中は穏やかではありません。見た目だけで判断したニニギノミコトの浅はかさを嘆き、こう言います。

私を娶れば子孫は岩のように長命となり、コノハナサクヤヒメを娶れば子孫は美しく生まれてきます。あなたが私たち二人を共に妻にするなら子々孫々長い命で美しく暮らすことができたのに、あなたは私を戻してしまいました。

ですから、今後人は花のように美しく生まれますが、花と同じ短い命です。やがて美しさも衰えるでしょう。

この話に登場した、美しいコノハナサクヤヒメは『桜の精』です。

そして、古代の発音のラ行がヤ行に音韻変化したとされている説もあり、そうなると、コノハナサクヤヒメはコノハナサクラヒメとなります。

桜の樹の下には・・・

桜の樹の下には屍体が埋まっていると表現したのは、作家の梶井基次郎氏ですが、この小説ではそんなふうに表現した理由は、桜があまりに美しすぎて不安を感じたからでした。

あまりにも美し苦咲き誇ることができるのは、根元に腐乱した動物の死体が埋まっていて、その養分を桜が吸い取っているからだと思いたかったのです。

さらに、柳田國男氏は『桜は人が大勢亡くなった跡に植えられる』と書いています。

実際、桜は一般住宅の庭には不向きだと言われています。狭い敷地だと桜を植えることで栄養分が桜にとられ他の植物が枯れてしまう、あるいは根が張れず桜が枯れてしまうことが多いようです。

また、剪定によってそこから病気になり枯れてしまうこともあり、管理が難しいのです。さらに、酸性雨や排気ガスも苦手です。

名前の由来

さくらの、『さ』は稲の霊、田の神、を表し、『くら』は神の座を表しているとする説があります。

田の神が山から郷に降りてくる際に、一旦留まる依代(よりしろ)がサクラであると考えられました。

先に述べた五穀豊穣を願う祭事では、花に宿る稲の霊をお迎えして、祀り、田植えを始めたのです。

桜が美しい理由

桜は、葉が出るより先に花が咲き誇ります。ちょうど私たち日本人が、寒い冬を過ごし、暖かい春を迎え心が明るく、衣服も軽くなる時に咲くということも一因でしょう。花の美しさが葉に隠れることなく存分に味わえて、春を待ち望む気持ちが相まって、美しさが際立っていると考えることができます。

さらに、桜の開花は地域によってほぼ同時期に一斉に咲くということです。そして、花の数が凄まじいということが挙げられます。一本の木に一体幾つの花が咲いているのかわからないほどの花が咲きます。

しかも、一つの芽から数本の柄が伸び、それぞれの柄には一つだけ眺めてもそれはそれは美しい花をつけるのです。

そんな美しい桜ですが、寿命が短いことも特徴です。

散り際の美しさ、花びらが風に舞、一斉に散る。その様子は感動を覚えるほどに美しく散った後の花びらの絨毯もしばし私たちを楽しませてくれます。

そんな散り際に、限りのある命の私たちは自分の人生を重ね、自ずと死のイメージを抱くのかもしれません。

花にまつわる祭り

花にまつわる祭りには、満開に咲いた花(桜)を神前や霊前に献花する『献花』と、疫病等を鎮める目的の『鎮花』の二つに分けられます。

『鎮花祭(はなしずめさい )』は元々宮中行事で、古事記にもその記述を見ることができます。無念の死を遂げた怨霊を祀り、鎮める目的で行われていました。

桜の花が咲き誇る季節は、疫病の活動も活発になり、花びらとともに疫病が蔓延すると考えられていました。そして花びらが散る時に共に疫病にもさってもらう、疫病を鎮めるために行われていました。

現代でも、桜の花を備え疫病の神を鎮めるという祭りが、各地に残っています。

さらに、花を表す踊りや、歌、花笠へと変化していったされています。

そういった理由で、日本人は元々、桜の花が咲き誇る様子に恐れを感じ、同時に信仰心とも言えるような『畏怖の感情』を抱きながら眺めていたのです。