古事記

古事記8 ヤマタノオロチ

内容

スサノオは高天原を追放され出雲の国の斐伊川(ひのかわ)の上流、鳥髪(とりかみ)という場所に着きます。

その時、が川を下って流れてきたので、川上に人がいるはずだと思い上流ヘ向かいます。

すると、老人と老女が少女を真ん中にして泣いていました。

老人は国津神の大山津見神の子足名椎(アシナヅチ) 妻は手名椎(テナヅチ)

娘は櫛名田比売(クシナダヒメ)と名乗ります。

サノオが泣いている理由を聞くと八俣の大蛇(ヤマタノオロチ)が毎年やってきて8人いた娘を順に食べてしまい、またその大蛇がやってくる時が来たこと、そして最後に残っていたクシナダが食べられるといいます。

スサノオがそのヤマタノオロチとはどういうものなのか?と尋ねると、目は赤いほうずきのようで、一つの体に頭が8つ、尾が8つ、体には苔とヒノキが生えていて、その長さは8つの谷、8つの峰にわたり、腹は血でただれていると答えます。

故 所避追而 降出雲國之肥上河上 名鳥髮

此時箸從其河流下 於是須佐之男命 以爲人有其河上而 尋覓上往者

老夫與老女二人在而 童女置中而泣 爾問賜之 汝等者誰 故其老夫答言

僕者國神 大山上津見神之子焉 僕名謂足上名椎 妻名謂手上名椎 女名謂櫛名田比賣 亦問 汝哭由者何 答白言 我之女者 自本在八稚女

是高志之八俣遠呂智此三字以音毎年來喫 今其可來時 故泣 爾問 其形如何

答白 彼目如赤加賀智而 身一有八頭八尾 亦其身生蘿及檜榲

其長度谿八谷峽八尾而 見其腹者 悉常血爛也

スサノオはアシナヅチにクシナダを自分にくれるよう申し出、その代わりにヤマタノオロチの退治するといいます。

アマテラスの同母の弟で、高天原から来たと聞くと、畏れ多いことだと、娘をスサノオに差し上げます。

早速スサノオはクシナダを神聖な櫛に変身させて、角髪にさし、アシナヅチたちに準備を指示します

その準備はこうです。

醸造した強い酒をつくり、垣根を作り巡らせて垣根に8つの門を付けて門ごとに食物を置く場所を設けて、そこに酒を入れる船を置きなみなみと酒をつぎ待っているように。

足名椎・手名椎が準備し待っているとヤマタノオロチがやってきて門から船に頭を差し入れて酒をガブガブと飲んで、酔ったヤマタノオロチはそのまま横になって寝てしまいます。

その様子を確認したスサノオが十握剣を抜き、ヤマタノオロチをバラバラに切り刻みます。

斐之川は赤く染まりました。

スサノオが中の尾を切った時に剣の刃が折れてしまいます。

怪しんだスサノオは大蛇の尾を刺し割ってみると都牟刈の大刀(つむがりのたち)が出てきます。

スサノオはその刀をアマテラスに献上し、草薙の大刀となります。

爾速須佐之男命 詔其老夫 是汝之女者 奉於吾哉 答白 恐不覺御名 爾答詔

吾者天照大御神之伊呂勢者也自伊下三字以音 故今 自天降坐也

爾足名椎手名椎神白 然坐者恐 立奉 爾速須佐之男命 乃於湯津爪櫛取成其童女而 刺御美豆良 告其足名椎手名椎神 汝等 釀八鹽折之酒 亦作廻垣 於其垣作八門 毎門結八佐受岐此三字以音 毎其佐受岐置酒船而 毎船盛其八鹽折酒而待

故 隨告而如此設備待之時 其八俣遠呂智 信如言來 乃毎船垂入己頭飮其酒

於是飮醉留伏寢

爾速須佐之男命 拔其所御佩之十拳劒 切散其蛇者 肥河變血而流

故 切其中尾時 御刀之刄毀 爾思怪以御刀之前 刺割而見者 在都牟刈之大刀 故取此大刀 思異物而 白上於天照大御神也

是者草那藝之大刀

考察

鳥髪

スサノオが降り立った鳥髪は、現在の島根県雲南市 奥出雲町にある船通山だと考えられていて、斐伊川の源流地のことのようです。

斐伊川の周辺にはスサノオがはしを拾ったとされた場所や、大蛇に酒を飲ませた際のつぼを祀っている場所などヤマタノオロチゆかりの場所が多くあります。

スサノオが地に降り立った時、食料を得やすい肥沃な場所を選んだと考えるのは自然なことだと思います。この斐伊川は肥河と記されていて、鮎や鱒や鮭が群れていて、岸には穀物が実るそのような場所で会ったはずです。

出雲王朝説

スサノオが文字通り天から下ったというのであれば話しはかわりますが、古事記の現代語翻訳等をされている哲学者の梅原猛氏は、出雲王朝が実在していたでろうという仮設を立てており、現在の天皇家につながるヤマト王朝がそれ以前にあった出雲王朝を葬り去ったのではないかと述べています。

人々を苦しめる豪族ヤマタノオロチを退治し、出雲の地に豊かな王朝を築いたのです。

出雲王朝の祖スサノオらが、朝鮮から渡ってきた日本の先住開拓民なのもしれません。

スサノオは出雲を出発して越前、伯耆、因幡、但馬、丹、瀬戸内、大和、美濃・と勢力を伸ばし、毎年やってきて娘たちを奪うというヤマタノオロチは当時劣勢だった出雲がスサノオの力で優位にたったという話なのかもしれません。

足名椎・手名椎

アシナヅチは自己紹介で国津神の大山津見神の子と名乗っています。しかし、神産みの段階では、オオヤマツミとカヤノヒメの間に8柱の神々が産まれていますが、その中にアシナヅチの名前はありません。神産みの関してはこちらをご覧ください。

古事記 2 神産み 創生の神々 前回は序文についてと、編纂された時代についてまとめました。今回から上巻を少しづつまとめていきたいと思っています。 ...

櫛名田姫

童女と表現されていることから、年端も行かない少女のように思えますが、結婚適齢期の女性に対して童女という言葉を使っていたそうで、櫛名田姫はお年頃のうら若き女性だったようです。

クシナダを櫛に変身させて、角髪に挿し他すさの大ですが、櫛といえば黄泉の国で、イザナギが櫛の歯を折って日を灯す場面がありました。醜女が折ってきた際には折った歯を投げるとたけのこになりました。

クシになったヒメだから、櫛名田姫という言葉遊びとする説があります。

櫛・奇(日本書紀で奇稲田姫)には霊妙という意味合いがあることから、櫛を刺した巫女で、水神であるヤマタノオロチに使える巫女だったのではないか、とする説もあります。

名田は稲田をあらわすので、豊穣の女神ということができます。

川上から箸が流れてきたということですが、これは二本で一セットの食事に使う箸ではないようです。

神武天皇の頃、紀元前660年(縄文時代)に使っていたのはピンセットのような形でタケを細く削って折り曲げた折箸でした。主に祭祀用にお供え物を置くために使っていたようです。

魏志倭人伝によると当時日本の人々は手づかみで食事をしていたという記載があります。

上流で祭祀を行っていて、その捧げ物の一つが少女、クシナダでまさしく生贄の娘だったのです。

(魏志倭人伝は3世紀末に編纂されています)

ヤマタノオロチとは

水害説

ヤマタノオロチは大蛇とされていて、洪水の化身だという見方が多くあります。対になっているのはクシナダは稲田を表しているとする説です。

だとすると、当てはまるの斐伊川です。鳥取県東部の船通山(スサノオが降り立った鳥髪)から流れ出て沢山の支流を束ねながら、木々の生い茂る谷間を蛇行し、出雲の平野地帯を抜け、当時は日本海へ(現在は宍道湖)と注いでいました。

河口で分かれるすがたは、まさしく複数の頭と尾をもつ大蛇そのものと言ってもいい光景です。

溶岩流説

ヤマタノオロチ溶岩流説というものもあります。目が赤い、腹が赤いとも一致しています。降りてくる赤いものと言う意味の文字が当てられてもいます。

溶岩流が固まって鉄の剣が作られたと解釈することもできます。

確かに、火山が噴火し溶岩流が山を流れてくる様は、赤い龍そのものと言ってもいいと思います。太刀がかけてしまうこともうなずけます。

鳥髪だとされている船通山は火山ではありませんが、白山火山帯での爆発を遠目に見る時に8つの峰を越えて巨大な怪物がこちらにやって来るように見えたはずです。

豪族説

ヤマタノオロチとは当時の豪族で、出雲の人びとの脅威となる存在だったのではないかとする説です。朝鮮方向から入ってきたスサノオの登場によって鉄製品のノウハウも同時にはいってきて、青銅制作の技術を用いて新たにこの地方の素材で打ち直したのだとする説です。

中国の船説

当時、中国から青銅の武器が輸入されていました。その武器を日本で打ち直すということがあったかもしれませんが、それらの武器と引き換えに人々が奴隷として渡っていったという説があります。

都牟刈の大刀

つむがりの大刀は大蛇の体の中から出てきました。この名は日本書紀には出てきません。

つむは、ものを切るときの擬音。がりは刈るの意味があります。

摘む、刈るの意味があるので、農作業に使う鉄製品を指してると思われます。

アマテラスの献上された剣がこれで、草薙の剣になっていますが、

草薙とは、草を薙ぎ払うという意味です。草薙剣を文字通り解釈すれば、草を刈る剣ということになります。

後の、ヤマトタケルが都牟刈の剣で草を薙いで危険地帯を脱したことに由来して草薙の剣と呼ばれるようになりました。

当時鉄製品は大変貴重で剣は国を象徴するものでした。スサノオがアマテラスに剣を送ったというこの一文は、スサノオ側がアマテラス側に屈服したことを意味しているのでしょう。

たたら製鉄

出雲風土記には古墳時代後期には原始的な製鉄がすでに始まっていたことは遺跡などから確認されています。朝鮮から伝わった青銅づくりのノウハウがこの出雲で良質な剣を生み出したことは間違えないでしょう。

斐伊川上流は、良質な砂鉄の産地でもあります。砂を流し、砂鉄を沈殿させることで、川床は砂のサビで赤く染まります。

出雲王朝の遺跡から出てくる銅鉾を上げています。銅鉾の起源が韓国の貴族が双馬馬車に付けていた鈴だからです。

スサノオが持っていた十握剣、そして大蛇の中から出てきた都牟刈の大刀(草薙の剣)というのは、朝鮮から入ってきた鉄製品をこの地の良質な砂鉄で打ち直した剣なのだと個人的には思っています。

朝鮮半島での当時の製鉄は、鉄鉱石を加熱して溶けたて功績を撹拌し銑鉄(せんてつ)を生産して鋼をつくるのが主流でした。

しかし、日本では鉄鉱石や砂鉄を加熱し溶かさずに直接、海綿状になった鉄塊にする方法が取られていました。(後のたたら製鉄につながっていきます)砂鉄から鉄ができることをどのようにして、古代の日本にいた人びとが知ることができたのかは謎です。

個人的には火山の噴火からヒントを得たものではないかと思っています。

似た神話

中国の神話

4世紀に中国で書かれた『捜神記』の竜退治の逸話をご紹介します。

福建省の湿地帯、庸嶺という山には人々を苦しめる大蛇がいました。

大蛇は巫祝(巫女のような存在)を通して12〜3歳の少女の生贄を要求します。

それで、土地の役人たちは8月1日の祭りの日になると、奴隷の生んだ娘や罪人の娘を生贄として捧げていたのでした。

そんなことが10年続いたとき、李誕という男の末娘『寄』が自分が生贄になることを買って出ます。両親は反対しますが、彼女は大蛇の済む洞穴へでかけます。

蒸し米で作った団子を蛇の穴の前に置きます。大蛇が米団子を食べているすきに、犬に噛みつかせ寄が後ろから切りつけ退治します。

王はこの話を聞き寄を后にしました。

ギリシャ神話

ヘラクレスとヒュドラの逸話が有名です。

ヒュドラは9つの頭を持っています。ヒュドラは女神ヘラが育てた多頭の大蛇で、水蛇でしたが、ヘラクレスに退治されます。

アンドロメダの話も似ています。アンドロメダは美女で海の怪物ケートスへの生贄にされそなところをペルセウスにたすけられるのですが、その際に髪の毛が蛇のメドゥーサの首を突き刺します。

災いをもたらす怪物がいて、乙女が生贄となって、ヒーローが現れ怪物を退治し、ヒーローと乙女は結ばれる