伝承・伝説

古事記 2 神産み

創生の神々

前回は序文についてと、編纂された時代についてまとめました。今回から上巻を少しづつまとめていきたいと思っています。

古事記 1 古事記には原本が現存していません。古事記を知るためには現存するいくつかの写本からの、現代語訳を読むのが一般的です。 そもそも、当...

神世七代

創世神話は天と地が初めて別れたところから始まります。神々が生まれはじめた場所の名前は高天原です。

読み方は推測の域を出ませんが、たかあまのはらとか、たかまがはらと読んだりします。読み勧めていくと上から地上を見ろす場面があることから、海の上の雲の中とか上(?)あたりだと思われます。

三柱 アメノミナカヌシ・タカミムスヒ・カミムスビが現れます。

この最初の三柱を 造化三神(ぞうかさんしん)

そのあと、二柱 ウマシアシカビコ、ウマシアシカビヒコジが現れます。

いずれもそのまま身を隠します。

これら五柱を別天津神(ことあまつかみ)といいます。

つづいて、七世代の神々が現れます。これらの神々のことを神世七代と呼びます。

はまだ水に浮いた油の様に漂っています。

一代目二代目は独り神で、別天津神と同じ様に姿を隠します。

三代目からは、上の段が男神、下の段が女神です。六代目までは肉体をもっていませんが、七代目のイザナギ、イザナミは体を持つようになります。

伊耶那岐命(イザナギノミコト)

天つ神達の指示でイザナギ、イザナミは国を整えて完成させることになります。

天の沼矛(あめのぬぼこ)を与えられて、天の浮橋(高天原と地上の間の橋)の上から沼矛をおろして地上をコロコロとかき回します。矛の先から滴り落ちた塩は島となり、淤能碁呂島(オノゴロジマ)になります。

二人はオノゴロ島に降りて、天御柱(あめのみはしら)を立て、立派な御殿(八尋殿やひろどの)を建てます。

肉体を持つ

経緯はわかりませんが、二人は肉体を持つようになっています。お互いの体がどの様になっているか話し、イザナギの余った部分でイザナミの足りない部分を塞ぎ、国を生み出そうではないかと、合意します。

イザナギとイザナミにの名前には誘う男 誘う女 という意味があるそうです

ヒルコ

天御柱の周りをイザナギは左から、イザナミは右から回って二人が出会い、魅力を褒めあって夫婦になって、子供(ヒルコ)が生まれますが最初の子供は良くないということで、葦の船にいれて流してしまいます。

アハシマ

次に淡島(アハシマ)を産みますが、子の仲間には、入れないと書かれています。

大八島の国(おおやしまのくに)

子供がどうにも良くなかったのは、柱の前で出会った時にイザナミのほうが先に言葉を発したことが良くなかったのかもしれないと思い、二人は天つ神の元へ昇って意見を伺います。するとやはり、女が先に声をかけるのが良くなかった言うことがわかり、再度 御柱の周りを回って今度はイザナギの方から褒めて御陰の目合(みとのまぐわい・陰部の交わりと言う意味)を行います。

淡路島

淡道之穂之狭別の島(あわじのほのさわけのしま)

四国

伊予之二名島(いよのふたなのしま)

次に、体が一つ顔が四つの四国を生みます。壱与(いよ)の二名(ふたな)をもつと書かれていて、これらの表現の解釈は、諸説あります。

四つの顔は、伊予の国を愛比売(エヒメ) 讃岐の国を飯依比古(イイヨリヒコ) 粟の国を大宜都比売(オオゲツヒメ)土佐の国を建依別(タケヨリワケ)と言うと書かれています。

隠岐

隠伎之三子島(おきのみつごのしま)

三子の島 天忍許呂別(アマツオシコロワケ)

九州

筑紫島(つくしのしま)

こちらも体が一つで顔が4つと書かれています。

筑紫の国を白日別(シラヒワケ) 豊国を豊日別(トヨヒワケ) 肥の国を建日向日豊久士北泥別(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)熊曾の国を建日別(タケヒワケ)というと書かれています。

伊岐

伊伎島(いきのしま)

伊岐またの名を天比登都柱(あめのひとつばしら)

対馬

津島(つしま)

天之狭手依比売(アメノサデヨリヒメ)

佐渡

佐度島(さどのしま)

本州

大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)

別名 天之御虚空豊秋津根別(アメノミソラトヨアキツネワケ)

これらの八個の島を生んだので、大八島の国(おおやしまのくに)という。

六島

吉備の小島

おおやしまのくに を生み出したのち、イザナギとイザナミの二柱は吉備の小島など六つの島を生み出します。

吉備児島(きびのこじま)・児島半島

小豆島(あずきじま)・小豆島

大島(おおしま)・屋代島

女島(ひめじま)・姫島

知訶島(ちかのしま))・五島列島

両児島(ふたごのしま)・男女群島

神産み

イザナギ、イザナミが生んだ神様たちとその子孫たち

十神

大事忍男神(オオコトオシオ)

石土毘古神(イワツチビコ) ・岩と土の神

石巣比売神(イワスヒメ) ・岩と砂の女神

大戸日別神(オオトヒワケ) ・戸口の神

天之吹男神(アメノフキオ) ・屋根葺きの神

大屋毘古神(オオヤビコ) ・家屋の男神

風木津別之忍男神(カザモツワケノオシオ) ・風の神

大綿津見神(オオワタツミ) ・海の神

速秋津日子神(ハヤアキツヒコ) ・河口の神・禊ぎの神

速秋津比売神(ハヤアキツヒメ)

速秋津日子神と速秋津比売神の間の八神

沫那芸神(アワナギ) ・泡の神

沫那美神(アワナミ)

頬那芸神(ツラナギ) ・水面の神

頬那美神(ツラナミ)

天之水分神(アメノミクマリ)・分水嶺の神

国之水分神(クニノミクマリ)

天之久比奢母智神(アメノクヒザモチ)・灌漑の神

国之久比奢母智神(クニノクヒザモチ)

四神

志那都比古神(シナツヒコ)・風の神

久久能智神(ククノチ)・木の神

大山津見神(オホヤマツミ・オオヤマツミ)・山の神

鹿屋野比売神(カヤノヒメ・野椎神(ノヅチ)) ・野の神

大山津見神と鹿屋野比売神の間の八神

天之狭土神(アメノサヅチ)・山野の土の神

国之狭土神(クニノサヅチ)

天之狭霧神(アメノサギリ) ・山野の霧の神

国之狭霧神(クニノサギリ)

天之闇戸神(アメノクラト) ・谷間の神

国之闇戸神(クニノクラト)

大戸或子神(オホトマトヒコ)

大戸或女神(オホトマトヒメ)

鳥之石楠船神(トリノイハクスフネ=天鳥船)※神を乗せる乗り物として登場

イザナミの死

島々を生み出したのちにも多くの神々を生み出しますが、火の神火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)をうもうとした際にイザナミはやけどを負ってしまいます。

それによって病気になったイザナミの苦しみながらおう吐や尿から多くの神々が生まれます。

金山毘古神(かなやまびこのかみ、吐瀉物から生まれる)

金山毘売神(かなやまびめのかみ、吐瀉物から生まれる)

波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ、大便から生まれる)

波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ、大便から生まれる)

彌都波能売神(みつはのめのかみ、尿から生まれる)

和久産巣日神(わくむすひのかみ、尿から生まれる)

豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)※わくむすひ↑の子

火の神カグツチ

ついにイザナミは死んでしまいます。

イザナミの死に涙を流したイザナギの涙から生まれたのが泣沢女神(なきさわめのかみ)

イザナミを葬ったあと、イザナギは、イザナミの死はヒノカグツチが生まれたためだとしてヒノカグツチの首を斬りつけます。すると、その血や体から多くの神々が生まれます。

首を斬る際に用いた神剣は十束剣(とつかのつるぎ)天之尾羽張神(あめのおはばりのかみ)※剣であり神

火・雷・刀に関する神々が生まれれる

十拳剣の先端からの血が岩石に落ちて生成された神々

石折神(いはさくのかみ)

根折神(ねさくのかみ)

石筒之男神(いはつつのをのかみ)

十拳剣の刀身の根本からの血が岩石に落ちて生成された神々

甕速日神(みかはやひのかみ)

樋速日神(ひはやひのかみ)

建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)

十拳剣の柄からの血より生成された神々

闇淤加美神(くらおかみのかみ)

闇御津羽神(くらみつはのかみ)

カグツチの亡骸から生まれた神々

正鹿山津見神(まさかやまつみのかみ、頭から生まれる)

淤縢山津見神(おどやまつみのかみ、胸から生まれる)

奥山津見神(おくやまつみのかみ、腹から生まれる)

闇山津見神(くらやまつみのかみ、性器から生まれる)

志藝山津見神(しぎやまつみのかみ、左手から生まれる)

羽山津見神(はやまつみのかみ、右手から生まれる)

原山津見神(はらやまつみのかみ、左足から生まれる)

戸山津見神(とやまつみのかみ、右足から生まれる)

続く